2010年11月06日

Quartz Composer Visualizer @ Mac

img1

公民館まつりのネタに何か使えないかと思って、Quartz Composer Visualizerを試してみた。

結論から言えば、使える範囲は限定される。

単純に、決まった順番で何かをすると言う用途には、問題ないのだが、ランダムな要素が入っていると、ホスト側とクライアント側が、違った表示になってしまったりする。どうやら表示のタイミングだけ同期していて、内容に関しては同期してないみたいです。その証拠に、カメラやマイクはホストはホスト側のデバイスが使われ、クライアントはクライアント側のデバイスが使われるようなので、結果が異なる事になる。どうしても同じモノを使いたい場合は、Mac Proを使って、一台でマルティディスプレイ環境を構築するしか無さそうです。

複数のMacで、Quartz Composerを同期して表示出来るというのは、面白いと思ったのですが、画面の数だけMacを用意するというのはちょっと、勿体ない感じがしますね。特にノートパソコンだと、同じ状態の画面を揃えると成ると、結局、同じタイプのノートパソコンを画面の数だけ揃える必要があり。かなり無理があるな。表示している時には他の事が出来ないし・・・。

Quartz Composer Visualizerを見付けた時には、面白いと思ったんだけどなぁ。特定の用途では使える事が分かったのですが、現時点で使いどころが難しいです。

閲覧数: 2127 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト