2012年11月11日

Shade 3D for Unity @ Shade

img1

先行公開されていたUnity用のShade 3D Loaderは、ダウンロードしていたのですが、スクリプト側から対応しているShadeを呼び出す部分が有り、その時点ではまだShade 3D for Unityが公開されてなかった為に使えませんでした。

そのShade 3D for Unityがやっと公開されました。使い方としては、Shade 3D for Unityをインストールしておき。UnityでShade 3D Loaderをアセットストアからインポートし、SHDファイルをUnityのプロジェクトの中(Assetsフォルダー内)に保存しておきます。あとは自動でSHDファイルをFBXに変換してくれます。

仕組みとしては、Shade 3D LoaderがShade 3D for UnityをGUI無しの形で起動してファイルを変換している様です。現時点でShade 3D for UnityとShade 13はベータ版のみの対応に成っているらしく、読み込みスクリプトにそのような記述がありました。

ちなみに、SHDファイルを作成するShadeはVer.13である必要は無さそうです。おそらくVer.13で読み込み可能である事は必須だと思いますが、制作環境としてはVer.12を使っても読み込み出来ました。機能的にゲーム制作に便利そうな機能がVer.13には含まれいたと思うので、Ver.13を使った方が好ましいと思われますが、私の場合、まだVer.12を使っているので、暫くはこのまま使ってみようと思います。

Shade 3D Loader by e frontier, Inc. -- Unity Asset Store
>>関連リンク

Mac App Store - Shade 3D for Unity
>>関連リンク

Shade 13 公式サイト | トップページ | イーフロンティア
>>関連リンク

閲覧数: 3732 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト