2009年04月22日

reacTIVisionのMIDI設定 @ Mac

img1 img2 img3

reacTIVisionからREASONをコントロールするのにQuartz Composerを経由していたのですが、reacTIVisionの設定を行えば直接MIDIを出力できました。reacTIVisionのmidiフォルダーの中にpdのファイルなどが入っていたので、出来るだろうとは思ったのですが、設定がイマイチ分からず、Quartz Composerを経由して使ってました。

reacTIVisionからMIDI出力に関して、再度設定を試みて上手く行ったので、気付いた点をメモしておきます。サンプルのpdファイルを実行するまでの手順です。

1.「アプリケーション>ユーティリティ」フォルダにある「Audio MIDI設定」でIACドライバーをオンラインにします。

2. reacTIVisionの設定ファイル(reacTIVision-1.4/reacTIVision.app/Contents/Resources/reacTIVision.xml) の<midi config="demo.xml">部分をコメント部分から外します。

3. reacTIVisionのMIDI設定ファイル(reacTIVision-1.4/midi/demo.xml)を/reacTIVision-1.4/reacTIVision.app/Contents/MacOS/にコピーします。

4.Terminal.appを起動して下記の手順でreacTIVisionを起動する。

4-1.reacTIVisionの実行ファイルが有る場所に移動する。

cd /Applications/reacTIVision-1.4/reacTIVision.app/Contents/MacOS/

4-2.コンフィグレーションファイルを指定してreacTIVisionを起動する。

./reacTIVision -c ../Resources/reacTIVision.xml

5.Pdを起動し、PreferencesのMIDI settingsを開き、IAC Driverを選択します。

あとは、カメラに0から11番のマーカーを写せば、demo.xml記述したとおりにMIDIデータが出力されるはずです。

ただ、reacTIVisionがMIDIの初期化に失敗する事が有りました。MidiPipeを起動していると具合悪い様なので、仮想ポートが邪魔をするのかも。

それから、./reacTIVisionの-mオプションが機能しませんでした。設定ファイルを切り替えて使いたい場合に、使えると便利だと思うのですが、私の環境では上手く行きませんでした。切り替えて使う場合、Resources/reacTIVision.xmlを実行ファイル(reacTIVision)と同じ場所にコピーしてMIDIの設定を行ったファイルを作っておくと便利かも。FinderからreacTIVisionを起動した時はResources/reacTIVision.xmlが使われるので、区別できると思います。

それともう一つ、MIDI出力を有効にするとTUIOの方が出力されないようです。同時に映像とMIDIをコントロールしたい場合に、これでは具合悪いですね。やはりreacTIVisionからQuartz Composerへ情報を送って、Quartz ComposerからMIDI出力した方が、良いのかも。

ちなみに、設定の手順に関しては下記のページを参考にしました。

Using ReacTIVision with Ableton Live | Bleeplog (Music and technology)
>>関連リンク

閲覧数: 2827 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト