2010年12月23日

Kinectの実験 @ Mac

img1

Kinectの奥行き情報をQuartz Composerの中で3Dに見せる方法を考えていたら、物凄くシンプルな方法を思い付いたので試してみた。

当初は1ピクセル毎に奥行きを調べて配置しようと思っていたのだが、それではどう考えてもパフォーマンス的に厳しい。そこで思い付いた方法が、奥行きの画像から必要な奥行きの所だけにしてマスクを作ってしまう方法。これならば、単純な画像処理で実現出来る。これを奥行きの段階の数だけ処理して重ねれば立体的に見える。50枚ほど重ねれば可成り良い感じになりました。ただ、これだけの枚数だとちょっと処理を取られすぎ。

後はRGB画像を重ねれば、当初の実験は完成なのですが、やはり奥行きとカラー映像のカメラ位置が左右にずれている為、そのままではぴったりにならない。仕方が無いので取り敢えず、目的の所を中心にずらしてみました。

まぁ取り敢えず今回は上手く行った。

ちなみに画像はテクスチャを貼ると色色見えちゃうので、奥行きに応じて色を付けてます。

閲覧数: 2666 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト