2010年08月16日

FLARToolKit確認用Quartz Composer @ Mac

img1 img2 img3

FlashでFLARToolKitを使った場合、カメラで一々マーカーを写すのって面倒ですよね。って事でQuartz Composerでマーカーを表示して、3D的に自動的に動くモノを使って開発してます。以前は予めShadeで3DCGなムービーを作ったりした事もありましたが、動きをすぐに替えられないし、レンダリングに時間が掛かるのでこの方法は良くなかった。その点、Quartz Composerならば、リアルタイムに動きのパラメータを変更出来たりして便利。色々な角度のマーカーも表示出来るので、複数のマーカーを切り替えて認識率のチェックも出来て便利です。

勿論、Quartz ComposerだけではFlashで表示出来ないので、CamTwistを使って、特定のウィンドウをキャプチャしてバーチャルカメラ状態にしてます。CamTwistはウインドウがバックグラウンドに廻ってもちゃんとキャプチャしてくれるので助かります。

Quartz Composerは、3D TransformationとLFO等を使っているだけなので、簡単に出来ますから、FlashでARなコンテンツの開発をしている人はお試しあれ。

閲覧数: 2151 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト