2012年02月16日

Unityでウェブカメラ @ Mac

img1

Unity 3.5をインストールして、気になっていたウェブカメラを試してみた。

表示自体は、サンプルを参考に簡単に表示出来ました。さらに、ウェブカメラと仮想のウェブカメラで二つ同時入力も確認。これも問題なく出来ました。

次に、Kinectの奥行き画像を入力して、ピクセル毎に色を取得してキューブの大きさを変えて表示してみました。流石に320 x 240なんて解像度のままやると固まりました。いけるかなと思ったんですけどね。ダメでした。解像度を大幅に減らして何とか動くレベルになりました。

当初、WebCamTexture.GetPixelを使って1ピクセル毎に取得して表示していた為、これがパフォーマンス定価の原因かと思い、WebCamTexture.GetPixels32を使って一括で取得し、その後にピクセル毎の処理をしてみたのですが、若干の工場にしか成りませんでした。残念。

閲覧数: 4778 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト