2011年08月04日

広島画像情報学セミナー @ 広島

広島市立大学で開催された「第8回 - 広島画像情報学セミナー」に参加してきました。

以前から気になっていたものの、興味がありそうな内容の時と自分のスケジュールが合わず、参加したのは今回が初。

今回の内容の「機械学習」と「コンピュテーショナルフォトグラフィ」と言うキーワードが、丁度気になるモノだったので、丁度良かったのですが、「機械学習」の方は思ったような内容ではありませんでした。実例紹介って感じだった。「コンピュテーショナルフォトグラフィ」に関しては、とっても良かった。数箇月前に話題になった、撮影後にフォーカスを合わせると言うカメラの事とか、3Dテレビに繋がるような事があり、断片的に知っていた事が、全て繋がった感じです。

特に、奥行き情報の話しは、凄く良かった。現在は、Kinect位しか、安価に奥行き情報を得る術がありませんが、今後は違った方法が主流になるのかもなと思いました。むしろ、赤外線を使っているKinectが時代遅れな印象さえ抱きました。可視光のデジタルカメラは、まだまだ光学的な工夫などで、センサーとしての可能性は沢山あるんですね。画像処理と組み合わせる事でまだまだ色々出来そうです。現在販売されている3Dのテレビも10年後くらいに見たら、もしかすると笑っちゃうような状況になっているのかも。

第8回 - 広島画像情報学セミナー
>>関連リンク

閲覧数: 1588 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト