2010年10月29日

久々にwonderfl @ Flash

Adobe MAX 2010に参加された人達のUstを見ていたら、突然プレゼント大会が始まり、その中のお題で、Adobe MAX参加者に配布されたボトルを書いてwonderflに投稿するってものがあり。最初は、円と四角を使って加工としていたのだけど、途中から3Dでやった方が早そうな気がしたので、Shadeを起動して、モデリングの後、自作プラグインで書き出してwonderflへ投稿。しかし、エラーが出る。何故だろうと思って後で調べてみたら、Papervision3D Ver.1形式で書き出していた。最近はShadeもたまにしか使わないし、Papervision3Dも数箇月ぶり。気付きませんでした。いつの間にか古いプラグインになってました。安定版として使っていたのかも。随分前の事で覚えていません。

結局、時間に間に合わずプレゼントも貰えず。とほほ。

良い機会なので、不完全だったPV3Dエクスポータも少し書き換えて、BasicView対応したりしてみました。これで、お手軽にFlash CS5に貼り付けてすぐに見る事が出来ます。しかし、これだと実はちょっと使い勝手が悪かったりして・・・。ポリゴンの固まり毎に別々に書き出す事が目標で、それぞれ個別に使える様にしたいので、これではちょっと具合悪い。今度時間がある時にでも、書き換えます。更新の間隔が1年以上空いては修正しているので、いつになる事か・・・。次期Flash PlayerはGPUを使って3Dの表示が出来る様なので、出来ればその辺の事にも対応したいな。

今回作ったモノは下記の場所にあります。プラグインのデバッグ用コメントなんかも丸見えのままだったりしますが・・・。

Adobe MAX 2010 Bottle? | wonderfl build flash online
>>関連リンク

閲覧数: 2129 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト