2007年08月07日

Papervision3DでMaterialsListやBitmapFileMaterial @ Flash

Papervision3Dで写真を貼り付けたいと思って、試していたらエラーが出て上手く行きません。

色々と試している内に問題はいくつかあることを発見。どうもXcode
でコンパイルする場合にのみ具合悪い部分があり、これはオプションの指定に問題があったようです。疲れた状態で作業していたので、まだ問題点の切り分けが出来てないのですが、BitmapFileMaterialを使っていると具合悪かったようです。EmbedしてBitmapMaterialを使っている場合は問題なしです。それから、BitmapFileMaterialを使って形状を回転する場合もちょっと具合悪いです。視点に対して、面積が狭くなると引っ掛かる感じがあります。もしかすると古いライブラリーを使った場合のみかも。

それから、MaterialsListです。Cubeのそれぞれの面に違う写真を貼り付けたいと思って試すのですが、ColorMaterialでもダメ。何故?どうもPapervision3DのバージョンによってCubeの扱いが違うらしいのですが、色々と試してもお手上げ。現在Flex SDKで試しているので、Flash CS3でも後で試してみます。

Papervision3DでQuickTime VR(Cubic VR)の様なことをやっている人が居たので自分でもやってみようと思っているのですが、Cubeで具合悪くなっているようなのでPlaneで試してみます。

色々試している内に気付いたのですが、Embedで写真や形状を埋め込む仕組みが有るみたいです。外部に形状データを置きたくないと思っていたので、この方法が使えるならば、コレがよいかも。

閲覧数: 4537 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト