2007年11月26日

Dreamweaver CS3のテンプレート文字化けを検証 @ Mac

img1 img2

スタティックなテンプレート(dwt)は問題ないのですが、PHPのテンプレート(dwt.php)だと、テンプレート側の文字コードを変更すると文字化けします。PHPの方は既に確認済みだったのですが、シンプルな形で確認を行ってなかったので、スタティックなページと共に確認を行ってみました。

手順は単純にテンプレートを作成して編集可能領域とそれ以外の部分に適当な日本語テキストを書いておきます。そのテンプレートを元にページを生成し、保存して閉じます。これをHTMLテンプレートとPHPテンプレートで作ります。手順は全く同じです。

次に、テンプレートの文字コードを変更して、更新をかけます。これでHTMLテンプレートは問題なく、テンプレートから生成した子のページも文字コードが変更された状態になります。しかし。PHPテンプレートの子ページは編集可能領域のみ文字化けします。

どうやら偶々文字化けする条件に遭遇したのではなく、Dreamweaver CS3のバグのようです。(T_T)

具合悪いことに、一度文字化けしてしまうと、テンプレートを元に戻しても、文字化けした部分が戻ることはありません。バックアップを取らずに更新をかけて文字化けしたりしたら最悪です。

ただし、この問題は、テンプレートを更新するときに子ページをDreamweaverで開いておけば、文字化けしません。この症状も完全に昔のバージョンに存在した不具合と同じ状況です。一応、対策はあるのですが、子ページが大量にある場合は、厄介です。現在作っているモノは一つのテンプレートを50ページほどに適用しているので、それを開いて更新をかけるのは面倒。やはりDreamweaver 8で更新した方が楽。でもこの方法は、古いバージョンを持ってない人は無理ですね。

閲覧数: 6094 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト