2007年11月10日

spryでサブカテゴリーフォーム @ Mac

img1

データベースに用意したカテゴリーとサブカテゴリーをフォームで選択出来るようにspryで作ってみました。

細かく書くと面倒なので重要な部分だけ書きます。

先ずはデータセットの部分。カテゴリー用データセット(cat_ds)とサブカテゴリー用データセット(sub_ds)の定義部分です。カテゴリーデータセットは普通に設定しています。サブカテゴリーの方は、サブカテゴリー取得用のPHPへパラメータを渡す形にしています。波括弧を使うことで、他のデータセットの要素を参照出来ます。

var cat_ds = new Spry.Data.XMLDataSet("../xml/category.php", "export/row");
var sub_ds = new Spry.Data.XMLDataSet("../xml/subcategory.php?cat={cat_ds::num}", "export/row");

次に、フォーム部分。この部分で重要なのはsetrowの部分です。これがないとカテゴリーを選んでもサブカテゴリーが切り替わりません。

<span spry:region="cat_ds">
<select name="cat" id="cat" spry:repeatchildren="cat_ds">
<option value="{num}" spry:setrow="cat_ds">{name}</option>
</select>
</span>
<span spry:detailregion="sub_ds">
<select name="sub" spry:repeatchildren="sub_ds">
<option value="{num}">{name}</option>
</select>
</span>

ちなみに、データベースからのXML生成はAdobe Dreamweaver Developer Toolbox(ADDT)の「Export Recordset As XML」を使いました。category.phpとsubcategory.phpがそのファイルです。この様なちょっとしたAjaxの場合には非常に重宝します。

Dreamweaver CS3からspryは簡単に使えるようになったのですが、個人的にはイマイチに思ってました。しかし、ADDTと組み合わせるなどすると結構便利です。

2007年11月13日追記
WindowsのIEでは上記の方法では動かないようです。(T_T)

閲覧数: 3434 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト