2007年08月05日

ColorMaterialとWireframeMaterial @ Flash

img1 img2

先日Papervision3Dを使って作ったティラノザウルスを試しにワイヤーフレームのマテリアルに変更してみました。と言うのもColorMaterialだとシルエット状態になってしまい3Dぽっさが無いので、WireframeMaterialに変更してみたのですが、更に動作が遅く、重い感じになります。(T_T)

ワイヤーフレームが重いと分かり、勉強になりました。

今日は、Shade用のプラグインをFlex 2 SDK用に修正して、コンパイルしやすくしました。暫くはXcode + Flex SDKで作業します。

取り敢えず、階層構造まで反映した形で描き出せるようにしたのですが、複雑なモノが上手く表示できません。何故だろう。

閲覧数: 2725 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト