2009年02月25日

ApplicationUpdaterUI @ Flash

img1 img2

そう言えば、AIRって自動アップデートの仕組みがあったよなと思い出し、現在作っているモノに取り入れてみました。

以下に気付いた点をメモ。

ApplicationUpdaterUIをinitialize();すると直ぐに確認に行くのかと思っていたのですが、なかなか更新の確認に行きません。delayも0にしてみたのですが、直ぐには確認しない様なので、UpdateEvent.INITIALIZEDでイベントを拾ってcheckNow();しました。これでよいのだろうか。起動したら直ぐに確認に行きます。まあ、良いか。これでも。

それから、サーバー側のバージョン情報などを書いたXMLファイル。これって一々書くのが面倒ですね。どうせウェブページでバージョン履歴などを公開するならば、データベースで管理して動的に出力した方がよいかもしれません。


ApplicationUpdaterUI - ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス
>>関連リンク

17:06追記
色盲シミュレーション・ウェブブラウザを自動アップデートに対応しました。データベースを使ってアップデート用のXMLファイルを用意したので、同じ情報を使って、紹介ページに履歴を表示する様にしました。

・・・古いバージョンは残さず上書きして公開しているので、不具合が起きた場合は、具合悪い事になるかも。(^_^;)

色盲シミュレーション・ウェブブラウザ(仮)
>>関連リンク

閲覧数: 2680 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト