2008年06月21日

マルチタッチなライブラリー @ Mac

OpenCVをベースにしたマルチタッチインターフェイスに関するライブラリー(フレームワーク)なんてあるんですね。OpenCVは顔を認識する場合に、複数を認識したりするので、OpenCVを応用すればこういう使い方も出来るって事ですね。

ただし、ライブラリーがあってもハードウェア的に対応した入力デバイスがなければ、実現が出来ないと思ったのですが、そこも意外な方法で安価に実現している人が居ました。

マルチタッチスクリーンを格安でゲットする方法:やむにやまれず - CNET Japan
>>関連リンク

広い範囲の情報を平面的に取り込む場合、カメラを使うのが簡単で安くできますが、対象物を取り込む為に距離が必要なので、小さな物ほど、ちょっと不利かなと言う気もしますが、大規模な場合には、コスト面で有利ですね。

他にも、Wiiリモコンなんかも組み合わせれば、もっとスマートに大規模な物を実現できるかも。Wiiリモコンを使った「どこでもホワイトボード」みたいな物と組み合わせるとか・・・。

処理を行うライブラリーに関するページを列挙。

MOONGIFT: » オープンソースで実現するマルチタッチシステム「Touchlib」:オープンソースを毎日紹介
>>関連リンク

touchlib - Google Code
>>関連リンク

NUI Group
>>関連リンク

インストールの方法

NUI Group  »  Wiki  »  Installing Touchlib on Mac OS X
>>関連リンク

他にもライブラリーはopentouchなんて物もあるようです。

opentouch - Google Code
>>関連リンク

閲覧数: 4603 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト