2012年05月07日

Macでプレゼンする人の必須アプリ5選 @ Mac

Macを使って発表したり授業したりする人は使った方が良いアプリをまとめてみた。

・Keynote

まずは人前で発表するなら無くてはならないソフト。WindowsだったらPower Pointだろうけど、Macを使っているならKeynoteでしょ。書くまでもないけど筆頭にあげておく。

アップル - iWork - Keynote - 魅力的なプレゼンテーションを簡単に作成。
>>関連リンク

・OmniGraffle

どんなにKeynoteが優れていても、図が格好悪いと魅力半減になる。普段から仕事でイラストを描く事に慣れている人はAdobe Illustratorでも良いと思うが、ちょっとした図を書きたい場合に、とっても便利。

OmniGraffle for Mac - The Omni Group
>>関連リンク

・Skitch

ソフトの使い方を説明するにも、ウェブページを紹介するにも画面キャプチャしたものを用意した方が分かり易い。以前はSnapz Proを使っていたのですが、Evernoteが買収して無料になったSkitchがすごく良いので、動画以外のキャプチャは現在これを使っています。URLを入力するだけでウェブページのキャプチャもとれるし、キャプチャした画像に矢印をつけたり、ちょっとした説明を書いたり出来るのでとっても便利。

Skitch - Annotate, edit and share your screenshots and images...fast.
>>関連リンク

・OmniDazzle

プレゼンする時に、プロジェクターで見せたりすると、マウスカーソルはさすがに見えないので、見せたい所を強調したい時に、マウスカーソルの周りだけ明るくして、スポットライトを当てるのに使ってます。Macのズーム機能とあわせて使うと効果的。

OmniDazzle - The Omni Group
>>関連リンク

・ScreenFlow

こちらは動画キャプチャーツール。説明時に事前に動く形を録画して資料としても良いですし、Keynoteで発表している状態を動画キャプチャしても良い。画面もそうだけど、発表者の声や顔もウェブカメラで同時録画出来、後で簡単な編集も出来るので、ScreenFlowだけあれば、Eラーニング用の教材を作ったりする場合にとっても良いです。今回紹介しているツールの中ではちょっと高めだけど、授業を録画してDVDにしたりすれば、すごく役に立ちます。

Screencasting Software - ScreenFlow Overview - Telestream
>>関連リンク


以上、発表用の資料作りから、発表時に必要なもの、発表の収録にわたってあると便利なツールをまとめてみた。思いつくままに書いたので、他にも思い出した時にまた追加するかも。

閲覧数: 8372 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト