2007年02月09日

PIC16F877Aが不安定 @ 電子工作

PIC16F88だとピンの数が足りず、動作確認のためのLEDやディスプレイを付けられなかったので、他のPICを使うことにしました。で、PIC18F2450を先ずは試したのですが、ライターが対応してないのか設定を間違えているのか上手く行かず断念。次に手持ちのモノでピンが沢山あるPIC16F877Aを試してみました。先ずは簡単なLED点灯プログラムを書いて、PICライターで877Aへ書き込み。何故か動かない。PORT Bが何か特殊なのかと思ってPORT Cに変更して試してもダメ。もしかしてコンフィグか?と思って、調べている内にオシレータセレクションビットが間違っていたらしい。20MHzのセラロックを使っていたので、XTで問題ないと思っていたのですが、HSが正解だったようです。88だとどちらでも動作したような気がするのですが、877Aはダメっぽい。資料を見ると4MHz以上の場合はHSと成ってました。(^_^;)

取り敢えず、これで動くようになったのですが、何故か不安定。まだ何処かコンフィグが間違っているのかも。電源を入れてLEDが8回点滅して停止します。006P電池を使っていたので、5VのACアダプタに繋ぎかえると更に症状が悪化。3回で止まったり、4回だったり不安定です。PORT BとPORT Cの両方同じタイミングでLEDを点灯させていたので、これを交互にするようにしたら、少し安定しました。しかし、まだACアダプタを使うと変。電源の容量不足なのかも。

閲覧数: 6485 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト