2007年03月27日

Writer509とWisp628 @ 電子工作

img1 img2 img3

共立エレショップで注文したパーツが到着しました。今回は、Writer509とWisp628を作るためのパーツです。

今日は頭が痛くて、何も考えられないので、仕分けだけします。予定ではWisp628は2セット。Writer509はWisp628を作らなかった場合に余ったパーツで作ることを想定していたので、Wisp628を作ると一つも作れないことになるのですが、調べてみると手持ちのパーツを探せば2セットは出来そうです。USB-シリアル変換を一体化した形が欲しいので、それぞれのライターをベースに実験をするかも知れないので、余分にパーツを用意してます。

調べてみたらSP3232ECP(232CインターフェイスIC)用のICソケットがないじゃん。直付けは怖いので、手持ちのソケットを切断するかな。

更にもう一つ見落とし。Writer509の電源を考えてませんでした。パーツが足りないじゃん。(^_^;)

オレンジ電子工作 PIC Writerを作る
>>関連リンク

Wisp628: an in-circuit flash PICmicro Programmer
>>関連リンク

電子部品,半導体,キットの通信販売“共立エレショップ”
>>関連リンク

共立エレショップは送料が安いので、今回のように少量、少額の場合に丁度良いです。

・・・

薬を飲んで頭痛も少し軽くなったので、PICへの書き込みを行いました。PIC16F628はWinPicで問題なく書き込みが出来たのですが、PIC12F509は警告が出てしまったので、不安に思い、PICProg4Uで書き込みを試し、こちらは問題なしでした。ちなみにライタは何れもPICライタ5V2(JDMプログラマ互換)です。

WinPic日本語版
>>関連リンク

PICProg4U
>>関連リンク

PICマイコン関連 > PICライタ - PICライタ5V2完成品 -
>>関連リンク

閲覧数: 4499 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト