2007年02月03日

音階が変 @ 電子工作

ハードウェアの方は半分以上設計が出来たので、今度はソフトウェアです。

DACの基準電圧を2.490Vにする前提で、PIC16F88からDAC(MCP4922)へ送るデータの式を組み込んでみたのですが、音階が変。一部の1オクターブ半くらいは何となく音階になっているのですが、その他が変。出力している電圧も思っている形になっていないです。今回からDACへの基準電圧を電源電圧(約5V)ではなく2.490Vにしたので、何処かでDACの使い方を間違えているのかも。一度電源電圧に戻してチェックした方が良さそうです。

先日のパーツ購入で、ハードウェアの試作は出来る予定だったのですが、基準電圧を作る部分で多回転の半固定抵抗を使いたいので、追加注文の必要がありそうです。新しいマルチメータ(テスター)も欲しいので、秋月かな。

閲覧数: 3942 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト