2014年05月08日

unity-touchosc-testとQuartz Composer @ Mac

img1 img2

UnityでOSCを使う為に、便利なものは無いかなと探してみたら簡単に使えそうなものを発見。随分昔にやろうとして面倒な事をしていた気がするので、使ってみようと思う。受信側しか無いのだが、送信しない場合はこれで十分かも。

keijiro/unity-osc
>>関連リンク

ちなみにサンプル用のプロジェクトファイルは別な場所に有ります。

keijiro/unity-touchosc-test
>>関連リンク

使い方も含めてこれを参考にすれば良さそう。

実際に動かすにあたり、何か送信する側が必要になるのだが、Quartz Composerがインストールされている場合は、Quartz Composerを使えば簡単に送信側が出来る。「OSC Sender」をパッチに追加して、Setting(Cmd + 2)でOSC NetworkのIP Addressを127.0.0.1、Portを6666とし、OSC Argumentsに/1/push1、/1/push2の様なKeyをType Booleanで追加する。
更に「LFO」をパッチに追加し、Input Parameters(Cmd + 1)で、TypeをSqureに変更。この「LFO」のResultを「OSC Sender」の/1/push1に接続する。以上で、すぐさま送信開始する。あとは、Unityでunity-touchosc-testを実行すれば、動作確認出来る。

閲覧数: 1166 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト