2012年02月17日

Unityでカメラを使ったiOSアプリ @ Mac

Unity 3.5からウェブカメラに対応して、手軽にカメラからの映像をテクスチャとして扱える形になりましたが、これはiOSでも付けるのか?気になっていたので試してみました。

3.5のベータ(プレビュー?)版では使えるとの情報を見た事があったので、使える事は分かっていたのですが、実際にどの程度の感じなのか見てみたくて試しました。

コードとしてはJavascript版しか見つからず、自分でC#に書き換えました。C#の書き方がまだよく分かってないので、これで正しいのかは不明。一応動いてます。(^_^;)

WebCamDevice[] devices= WebCamTexture.devices;

if(devices.Length > 0){
webcamTexture = new WebCamTexture(devices[0].name ,320, 240, 6);
renderer.material.mainTexture = webcamTexture;
webcamTexture.Play();
}else{
Debug.Log("no cam");
}


カメラとしては、devices[0]をdevices[1]に書き換えれば、自分側のカメラも使用出来ました。

閲覧数: 7396 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト