2013年06月25日

[Unity] スプライトシートを使ったアニメーション @ 3D

ここの所、ずっとアセットストアの気になるアセットを紹介してばかりでしたが、今回はTipsの話。というか、最後は解決してない問題が残ってます。w

Unityの場合、テクスチャとしてムービーを貼付ける事も出来ますが、ムービーを貼付けるまでもない様なシンプルなアニメーションの場合、スプライトシートを使ってアニメーションした方が良いのかなと思って調べていたらそのものズバリの記事が有りました。

Animating Tiled texture - Unify Community Wiki
>>関連リンク

Updateの中で

Vector2 offset = new Vector2 (x++ , 0);
renderer.material.SetTextureOffset ("_MainTex", offset);

こんな感じで座標を移動してやれば、ぱらぱらアニメだけでなく、壁紙の様にシームレスにループしている画像なんかを動かして使う事も出来ますね。

最近だとFlash CS6以降かな。シンボルをスプライトシートに書き出す機能が有ったりするので、Flashが得意な人はFlashで作っても良いと思います。ただ、Flash CCでもそうだったのですが、シンボルの中でシンボルを使っていたりすると上手く書き出せなかったりしますね。これ、非常に不便。どうしてもって場合は、シンボルからのスプライトシート書き出しを諦めて、シーンでアニメーションを作ってから連番書き出してTexturePackerでまとめるとかの方がやりやすいかも。

TexturePacker - Create Sprite Sheets for your game!
>>関連リンク

ただ、このスプライトシートを使ったアニメーション。あちこちで使うと、Drawcallが増えてしまうので、「Draw Call Minimizer」を使った所。アニメーションしなくなってしまいました。「Draw Call Minimizer」の挙動を理解出来てないので、追求しませんでしたが、今後調べねば成らない自体が生じるかも。いい方法が有れば誰か教えて下さい。

Draw Call Minimizer by Purdyjo -- Unity Asset Store
>>関連リンク

閲覧数: 2552 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト