2013年01月29日

[Unity] atlasToCube @ 3D

最近、全然Unity出来てないのだけど、アセットストアの新着は時々チェックしてます。今回は、物凄くシンプルだけど地味に便利そうな物を見つけたので紹介します。(実はまだ使ってないのだけど、使い方を見る限り良さそう。)

Unityのプリミティブなキューブだとテクスチャを貼ると、同じテクスチャを貼られてしまい、サイコロみたいな物を作りたい場合にちょっと不便。Unityだけでなんとかする場合は、Plane(板)を組み合わせてテキスチャを貼るなんて事に成ったりして面倒。そんな時に良さそうなのが、今回紹介する「atlasToCube」です。

使い方はオフィシャルなサイトよりもフォーラムの方が分りやすく書いてあるので、それを見ると、1枚のテクスチャを使って、画像に含まれるスプライトの数を行と列の指定を行い、それぞれの面で表示する位置や回転を指定出来る様です。テクスチャが1枚で済むのも良いですね。解像度が荒くて良ければ、1枚のテクスチャだけで色々なキューブにテクスチャを貼って使えそうです。

atlasToCube by nicloay -- Unity Asset Store
>>関連リンク

atlasToCube, or how to texture standard cube
>>関連リンク

閲覧数: 2833 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト