2012年08月16日

Unity 3.5.5f3とXcode 4.4.1 @ Mac

Unityの新しいバージョンが出ていたのを機にXcodeもアップデートしました。タイミング的にUnity 3.5.4からUnity 3.5.5f2にアップデートして、Xcode 4.3から、Xcode 4.4.1にアップデートしたと思ったらUnity 3.5.5f3が出ていたので、すぐにアップデートしました。

まだそれほど試してないのですが、f2でビルド完了の音が出るのと、Finderのプロジェクトが表示されない点が、f3では元通りの挙動になりました。良かった良かった。

しかし、Unity 3.5.5からARライブラリーのString Augmented Reality SDKが使えなくなってしまいました。f2にアップデートした直後にメール貰って知ってましたが、確認してなかったので、確認しました。やはりダメ。_String_SetProjectionAndViewportの部分がNGっぽいです。販売元のメールでも3.5.4を使ってくださいみたいな事が書かれてあるので、現状は対処法が無いのかも。4はベータだから対応がまだなのは良いとしても、3.5.5で使えないのは辛いな。

String(TM) Augmented Reality
>>関連リンク

ちなみにVuforiaの方は、問題なくビルド出来てます。実機でも動作確認しました。基本的にVuforiaをメインで考えているので、取りあえず問題無しかな。

そうそう、Unity 3.5.4で書き出したXcodeプロジェクトはXcode 4.4.1でビルド出来ました。こんな事ならば、もっと早くXcodeはアップデートすれば良かった。何処かにUnityとXcodeのバージョン毎の互換性をまとめてくれると助かるんですけどね。

閲覧数: 1741 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト