2011年09月12日

書籍「Unityによる3Dゲーム開発入門」 @ Mac

まだ全部読んでないのですが、書籍「Unityによる3Dゲーム開発入門」の最初の辺りを読んだ印象としては、タイトルどおり、やはり入門書ですね。非常に分かりやすく書いてあります。本気でやろうと思えば、ウェブで情報収集して出来そうな感じではありますが、外出時の待ち時間に読むには丁度良さそう。

本の話しはココまで。まだ全然読んでないので。

ここからはUnityに関しての今のところの印象。

UnityはiPhoneアプリも作れるし、ウェブページにも貼り付けて見せる事も出来る。プラグインが必要なので、見られる環境は限られますが、体験版をウェブで公開して、アプリ自体はApp Storeで販売という形態が出来ます。

はるか昔に、Macromedia DirectorでShockwave 3Dを使ったコンテンツを作ったりしましたが、作り方としては同じような感じです。勿論、以前のShockwave 3Dを作っていた時代とは違って可成り作りやすそうだし、動きも軽快。ゲームの開発環境ではあるのですが、他にも使えそうなので、出来る環境を整えるのは悪く無さそうです。流石にProライセンスは買えませんが、ある程度分かってきたら、iOSのライセンスくらいは買うかも。

O'Reilly Japan - Unityによる3Dゲーム開発入門
>>関連リンク

UnityGames
>>関連リンク

閲覧数: 1289 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト