2008年01月24日

ARToolKit @ 3D

Augmented Reality(オーギュメンテッド・リアリティ)なアプリケーションを作成するためのARToolKitを使って何か面白いモノは出来ないかと以前から思っていたのですが、一つ簡単な物がありました。子供用の学習ツールです。

子供用の学習教材で、木のブロックに平仮名とかアルファベットが書いてあって、例えば、「A」だと裏に「Apple」と書かれてあり、林檎の絵が描いてあるようなモノってありますよね。あれをARでやったら面白いのではないかと思いました。最近のノートパソコンはカメラが付いているモノが有るので、この程度ならば比較的安価に作れて、インターネットとも接続して情報収集して表示すれば、小さな子供だけではなく、大人も楽しめる面白い学習教材が出来そうな気がします。

QRコードが読めるくらいの精度が有れば、他にも面白いことが出来るんですけどね。

ARToolKit Home Page
>>関連リンク

ARToolKitって広島市立大学にいた人が開発したんですね。広島のコンピュータ関連技術の展示会やテレビ番組でARToolKitを使ったモノを見かけたことがあり、特許出願中みたいなことを言っていたような気がしたので、そこの会社がパクったのかと思いました。そう言うことではなかったのかも。

使ってみたい場合、下記のページが参考になりそうです。

「攻殻機動隊」「電脳コイル」の世界を実現! - ARToolKitを使った拡張現実感プログラミング
>>関連リンク

使用例はニコニコ動画で「ARToolKit」をキーワードに検索すれば、色々ヒットします。

閲覧数: 3980 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト