2011年04月07日

iPhone ARKit @ 携帯電話

良いモノが有るじゃないですか。iPhoneでセカイカメラみたいなモノを作ろうする場合に、良さそうなサンプルを見付けました。

表示する場所の情報がソースコードに書かれてあったり、自分視点の座標が固定になって居たり、Xcode 4でひらくと色々ワーニングが出たりしますが、何箇所か修正すれば、出なくなりました。

取り敢えず、近所の座標を入れて、自分の位置はGPSから取得する形に変更しただけで、十分使える。でも、マーカーを沢山表示するとちょっと重くなったりするので、表示するマーカーの数を制限するなど、工夫は必要かもしれません。(あとでOpenGLで表示する様にする予定。)

ただ、ライセンスが明確に書かれてないので、使用する場合は要注意ですね。まぁ。これくらいだったら、参考にしながら書けるし、表示部分はこれだと物足りないので、大幅に書き換える必要がありますね。それ以前に、iPhoneを持つ向きを変更した場合に対応しないと実用上問題が有るので、大幅に書き換えが必要です。

iPhone ARKit
>>関連リンク

実はこれ、アマゾンでiPhoneの開発本を探している時に、「iPhoneデジカメプログラミング」で紹介されていると知りました。本は買ってないので、どんな風に取り上げられているのか気になります。買った方が良いかな。

閲覧数: 2106 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト