2006年05月09日

Keynote 3 @ Mac

何だか重いんですけど>Keynote 3

流石に50ページ以上のスライドとなると辛いようです。しかし、Ver.1では問題がなかったんですけどね。どのスライドも1ファイル、20〜100メガもあるので仕方がないのかなぁ。

それから、幾つかバグがあります。ちなみに使っているバージョンは3.0.1です。

・ウェブページ関係

ウェブページを表示する部分にwww.kei3.jp/index.php は大丈夫でも、www.kei3.jp/index.php#hogehoge はダメっぽい。ページ中の特定の場所を見せたい場合に使いたいのに、アンカー部分を認識してくれません。(T_T) バグと言うよりそう言う仕様なんでしょうけど、Safari程度の認識はして欲しい。

ウェブページ関連ではFlashの一部が表示されません。もしかするとIEのアクティブコンテンツ絡みで修正を行ったページなのかも。(未確認) トップページのFlashはサイトの雰囲気を作っているモノが多いので、キャプチャ画像にその部分がないのは雰囲気が変わってしまい具合悪いです。

バグではないですが、大量のウェブページがあると自動更新設定は不味いらしく。Keynoteが落ちます。沢山ある場合は、自動更新は外した方が良さそうです。

・ライトルーム

表示モードを切り替えた時にも不具合があります。ライトルームに切り替えると画面の更新がされてなくて、具合悪いです。内部的にはライトルームを表示している形になっているのに、画面上は前モードの画面のまま。他のアプリケーションのウインドウが重なるなどして、再びライトルームのウインドウを最前面に出せば、正しく表示されるのですが、その症状に気付くまでに悩みました。不具合を理解すれば問題ないのですが、気持ち悪いです。

・3Dグラフ

必ずではないのですが、ビルトインエフェクトを設定して、グラフの奥行きを大きめの設定にすると、全てのグラフを表示した後のアンチエイリアス処置の時に、処理を完了せずに画面全体がノイズ混じりの灰色になってしまいます。灰色にならない場合は、アンチエイリアス処置を行ってない状態で終わります。(もしかして、Quartz Extremeに依存した処理をしているのかな?)

・互換性

古いバージョンのスライドを開くと、特定の条件下のみだと思うのですが、リストに適用しているトランジョンが邪魔をして、そのリスト自体が表示されません。リストの中に複数のフォント設定が有る場合に発生している気がします。回避方法が分からないので、本当に具合悪いです。

取り敢えずこんな感じですが、これは少し触った程度の、感想なので、まだまだ不具合はありそうな気がします。不具合ではないけど、不満も彼方此方あるので、その辺は今度書きます。小さな部分だったりするので、本当は修正して欲しい部分だったりします。修正は簡単なはず。

ネガティブな事を書いたので、良い事も。

Flash書き出し。結構良いです。試してないのですが、Swf書き出し、Flash読み込みでプロジェクター書きだしが上手く行くならば、応用して使えるので非常に良いです。特殊効果が無効になってしまうのは残念ですが、シンプルなモノだと割り切れば結構いけると思います。

レビュアーコメント。スティッキーズの様なメモが貼り付けられます。保留にする場合などにコメントを書いておくと、作り忘れが無くてかも。出来れば、本番に表示する、しないという設定が欲しかった。

シェイプ。ベジェ曲線が扱えるのは便利。出来ればライブラリーを自分で作れると助かるのですが・・・。パーツをOmniGlaffleやAdobe Illustratorからコピーペーストすることが多いので、アイコンなんかは登録しておきたいです。(もしかして出来るのかな?)

アップル - iWork - Keynote
>>関連リンク

閲覧数: 3861 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト