2014年05月16日

Processingのスケッチをコマンドラインで起動する @ Mac

img1

以前のバージョンのProcessingでは外部エディターを使って編集するモードが有った様なのだが、現在のProcessingではなさそうなので、Processingのスケッチをコマンドラインで起動する事で、好みのテキストエディターを使って編集し実行してみようと思う。

まずは、processing-javaをインストールする。Processingで何らかのスケッチが開いている状態で、ToolsメニューからInstall "processing-java"を選択します。これで、コマンドで時刻する為のprocessing-javaがインストールされます。

あとは、Terminalでprocessing-javaのヘルプを見れば使い方は分かる。

processing-java --help

分かるには分かるのですが、スケッチを相対パスで書いたりすると上手く行かず、「does not exist.」とメッセージが表示されて実行出来ません。結局、スケッチをフルパスで書く事で上手く行きました。こんな感じ。

processing-java --run --force --sketch=/Users/foo/bar/HelloWorld --output=~/Library/Processing

これでSublime Text 2を使って編集し実行。動作確認出来る様になりました。ちなみに、pdeファイルをSublime Text 2は種別を認識してくれないので、SyntaxをJavaに変更すると見やすくなります。

閲覧数: 2975 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト