2004年09月03日

ExportAIの面ソート @ Shade

ExportAIの面ソートを中心点で判定するように変更しました。これでソート判定が上手く行っているような気がします。全ての面をソートして出力するので見えない所もちゃんとデータとして存在します。球のポリゴンを出力して、Illustratorで手前の面を削除しても球の裏もデータとして存在しているので内側から見える形になります。一応片面出力も用意しているので、データのサイズを減らしたい場合は、出力しないようにも出来ます。


そろそろシェーディングの処理部分をどの様にするか決定せねば。表面素材の設定をどの程度反映させ、どの様に反映させるかを考えなければ成りません。最新の画像はmixiの自分の画像の所に登録してみました。メインの画像にしてないので、気付く人もいないカモね。

閲覧数: 2362 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト