2004年09月09日

ExportAIの塗りオプション @ Shade

Shade用プラグイン「ExportAI」の塗りオプションに全てのフォーマットで対応完了したつもりなのですが、フォーマットが増えた影響で分岐が増えて面倒な事になってます。(塗りオプションって書いてますが、前後を判定して出力するので実質的に隠面処理になります。) 更にオプション設定のダイアログを見直したりしているので、公開はもう少し先になりそうです。それから、表面素材の光沢にも対応したいので、シェーディング部分は多分書き換えます。現在はポリゴンだけの対応になっているので、閉じた線形状も同様の処理をする予定です。しかし、掃引体や回転体が厄介な事になりそうです。全部ポリゴンで処理したくないので、検討します。

閲覧数: 1632 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト