2004年07月16日

ExportAIのアナグリフ @ Shade

ExportAIのアナグリフ(赤青)出力対応をしているのですが、なかなか難しいですね。単純に出力しただけだと線が重なった場合が問題になります。難しい事になりそうなので、これはこれで良いかな。実験で出力して何度もメガネで見ていたら、気持ち悪くなってきた。(笑)

ExportAIのアニメーション出力を使ってIllustratorとFreehandでFlash(swf)書き出しの実験をしてみました。全く同じ素材を使って書き出ししても圧倒的にFreehandの方がファイルが小さくなります。Illustratorの場合オプションが少ないですし、出力も速いのでちゃんと最適化が出来ないのだろうと思っていましたが、倍近くもファイルサイズが違うとは思いませんでした。Flash MX 2004 Pro.ではまだ試してないので、後日色々試してみます。IllustratorでFlash出力はちょっと実用的ではないのかも。ライバル会社の製品ですからね。本家の方がやはり強いよね。

閲覧数: 2576 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト