2003年05月19日

Cocoaなプログラミング @ Mac

Cocoaなプログラミングを久々に勉強再開してます。CoreMIDI関係のサンプルがそろそろ増えているかなと思っていたのですが、甘かった。まだまだそこら中に転がっている状況にないです。取りあえず一つ面白そうなサンプルを見つけたので、それを参考に実験用のアプリケーションを一つ作ってみます。多分Reasonを使ったライブパフォーマンス補助ツールになります。Reason自体がマウス中心のインターフェイスなので、パソコンのキーボードだけで色々と操作できるようにする予定です。MIDIなアプリケーションなのでReasonに限定した物ではないですが、一応Reasonで使い勝手が良い様に作ります。

#プログラミング上の実験をするために
>>関連リンク
EDIROL UM-1S
を買ってきました。ドライバーをインストールしてキーボードのUSB端子に繋いで再起動したら認識しない。壊れているのかと思ったのですが、再接続したら警告(電力不足)が出て原因が分かったので、仕方なく本体に直接接続。やっと認識しました。本体直だとMIDIチェッカー(ENSONIQ MIDI Bug)のケーブルが長くないのでちょっと不便。パッチベイ経由で繋ぐように変更した方がよいかも。

閲覧数: 2690 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト