2014年03月04日

[Xcode] MagicalRecordのWarning @ Mac

今までデータベースを使う時は、FMBDを使うなどして、SQLiteを直接使っていたのですが、先月辺りからMagicalRecordを試してます。CoreDataは使えると便利なのかも知れないと思いつつ、色々と面倒だったので避けてましたが、MagicalRecordを使うと楽そうだったので試している次第。

MagicalRecord自体は、CoreDataを使いやすくしているだけなので、エンティティ定義などはXcode上で出来て楽なのですが、MagicalRecordを使っている事でXcodeが警告を出す。気にしなくても動く程度の警告なのですが、気になる。こいつの多量の警告の所為で他の警告を見逃しそうで気持ち悪い。って事で、ビルドセッティングでGCC_WARN_UNDECLARED_SELECTORの部分をNOに設定するも、Cocoapodsを使っているため、別なライブラリーを追加したタイミングで、pod installなんてやろうものならば、設定を上書きされる。

そんなこんなで、podfileにpost_installを追加。これで万事解決。

post_install do |installer_representation|
    installer_representation.project.targets.each do |target|
        if target.name == 'Pods-MagicalRecord'
            target.build_configurations.each do |config|
                config.build_settings['GCC_WARN_UNDECLARED_SELECTOR']  = 'NO'
            end
        end
    end
end

閲覧数: 1521 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト