2014年04月15日

Cocoapodsに未対応のライブラリーを利用する @ iOS

Cocoapodsへの対応は、配布元で対応してもらうのが良いのだろうけど、ローカルにpodspecファイルを用意する事で使えたので、その方法を紹介。

ここではACCESS Beacon Framework Library(ABFBeacon)を例に紹介します。

まずは、ABFBeacon.podspecファイルを用意します。内容として、spec.sourceにGitHubのリポジトリを指定して、spec.source_filesは、こんなか感じ。'iOS/ABFBeacon/*.{h,m}' その他は、CocoaPods GuidesのPodspec Syntax Referenceを参考に。

CocoaPods Guides - Podspec Syntax Reference
>>関連リンク


次に、podfileですが、今回は、podspecファイルも同じディレクトリに置いたので、以下の様に書きました。

pod 'ABFBeacon', :podspec => 'ABFBeacon.podspec'


以上でCocoapodsに未対応のライブラリーもpod installして自前のプロジェクトに取り込んで使える様になりました。podspec、podfile共にGitHubのGistに書いて置いたので、そちらも参考にしてみて下さい。

ABFBeacon.podspec
>>関連リンク

今回使用したABFBeaconは以下の場所から入手出来ます。使い方やライセンスなどもそちらをご覧下さい。

access-company/ABFBeacon
>>関連リンク



閲覧数: 1126 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト