2007年11月16日

レミーのおいしいレストラン @ 映画

最近、昼夜逆転の生活をしているので、夜になると仕事開始なのですが、頭が痛く作業にならないので、DVD「レミーのおいしいレストラン」を見ました。

毎回ピクサーの作品はCGが進歩していてそれが楽しみだったりするのですが、今回も期待を裏切ってくれないです。非常に素晴らしい。

今回の作品の技術的な進歩で分かりやすいところは、水(液体)と毛の表現ですね。のっけからこの二つは非常に分かりやすい形で見せつけてくれます。水というのは非常にCGにした場合に難しいモノの一つだと思うのですが、可成り良くできてます。そして、もう一つの毛。モンスターズインクで毛があるモノが主役として登場しましたが、今回はネズミですからね。しかも沢山登場します。水で濡れたり、表現としては難しいと思います。

全然ストーリーには触れてませんが、話はそれなりに面白いです。テンポも良いし、分かりやすいストーリーです。大人が見て楽しめる内容かどうかは微妙です。(^_^;)

レミーのおいしいレストラン
>>関連リンク

Pixar Animation Studios
>>関連リンク

Ratatouille Movie - Official Disney DVD Website
>>関連リンク

それにしても何故に今回は原題に忠実な邦題にしなかったのでしょう?原題が「Ratatouille」なので「ラタトゥーユ」でよかったのでは?「Finding Nemo」は原題通りだし、「The Incredibles」は「Mr.インクレディブル」だけどほぼ原題に近い。「レミーのおいしいレストラン」では全然違いますからね。ディズニーの方針なんですかね。


・・・風邪薬を飲んで頭痛も取れてきたので、そろそろ仕事開始かな。

閲覧数: 2205 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト