2007年02月28日

シャント・レギュレータ「TL431ACZ-AP」 @ 電子工作

img1

DAコンバータの基準電圧(2.5V)を作るために購入していた可変型高精度ツェナー・シャント・レギュレータ「TL431ACZ-AP」を試してみました。

テスト回路としては、電源(5V〜9V)から4.7kΩの抵抗をカソードへ繋ぎ、カソードとREFはショートさせ、TL431の真ん中をグランドに繋ぎ、計測してみました。

いきなり一つ目から2.500V。何とジャストじゃん。幾つか電源(消耗した006P電池など)を変更してみても、2.500〜2.501V。素晴らしい。こんなに高精度なモノが10個で100円なの?激安じゃん。LM336Z2R5なんて1つで189円だよ。6個も買わなきゃ良かった。等と思いつつ、確認のために他の9個も計測。2.480〜2.490Vまでの範囲くらいでバラバラ。なぁんだ。偶々最初に計測したモノがピッタリだったらしい。色々試している内に、最初に計測した1つ目も2.500Vより小さい値になってしまいました。最初の状況が奇跡的にジャストだったって事なのね。何だかなぁ。

まだ、基準電圧を作る部分は納得できてないので、もう少し検討する必要がありそうです。そもそも、LM336とかTL431の様な普通のモノを使っているのが問題なのかも。高精度なシャント・レギュレータが販売されているので、素直にそれを使った方がよいのかも。LM4040のAグレード(0.1%)が400円近いのかぁ。高いなぁ。でも0.1%の誤差というのは魅力的。最低でもこの程度の誤差で納めたいので、買うしかないかなぁ。

閲覧数: 6210 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト