2009年04月22日

reacTIVisionからREASONをコントロール @ Mac

reacTIVisionからREASONをコントロールしてみました。

reacTIVisionのフィジカルマーカーの0番と1番をMIDIのコントロールチェンジの71と74に割り当ててます。71と74はSubtractor(シンセサイザー)のフィルターフリケンシーとレゾナンスになってます。

フィジカルマーカーを移動(画面上では上下)する事で、REASONのフィルターのスライダーも上下してます。

ここでは二つしか使っていませんが、179個のマーカーがPDFで用意されているので、この数は個別認識できるモノと思われます。流石にカメラの解像度などから、同時に全てを認識させる事は難しい気がしますが、5、6個程度は余裕で認識して追随してましたから、もっと数は増やせると思います。

閲覧数: 2583 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト