2009年04月25日

解像度が高めのカメラで「Marilena」 @ Flash

Flash版OpenCV「Marilena」を比較的解像度の高いカメラで使うとフレームレートが物凄く低くなってしまいます。処理は軽くないので、難しいとは思ってましたが、やはりダメだった。

で、少し工夫をしてみました。カメラ自体は640*480とか800*600で取り込んで表示はさせるのですが、Marilenaへ渡すビットマップデータは縮小してみました。1/2とか1/3にして、Marilenaの検出結果を2倍、3倍して使用します。これで10fps程度になるので、単純な用途では問題無さそう。

ちなみに、ObjectDetectorOptions.min_sizeあたりも調整すると良さそうです。カメラから遠くなって小さく写った顔を認識させたい場合は、小さくした方が良さそうですが、小さいと処理が重くなるし、他にカメラの中に写り込んでいるモノをご認識したりする事が増えるので、大きくして問題ないならば、出来るだけ大きくした方が良さそうです。

閲覧数: 2439 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト