2008年04月01日

PICtoaster 0.2をブレッドボードで仮組み @ 電子工作

img1

色々と片付けねばならない事が沢山あり、本来はこんな事をしている場合ではないのだが、秋月で注文していたパーツが到着したので、PICtoaster 0.2をブレッドボードで仮組みしてみました。PICプログラマを作るのは何個目でしょうね。(^_^;)

PICtoaster 0.2の作例ではストロベリー・リナックスのFT232RXを使われてましたが、秋月の「FT232RL USBシリアル変換モジュール」を使いました。作例を見ながら出来るだけ同じ形にしようとしたので、ICソケットが刺さってますが、書き込みを行うPICの所は、ゼロプレッシャーソケットを使うつもりです。

今日は取り敢えず仮組みまでですが、これが完成して、Macから書き込みが出来ればPICの開発がMacだけでも出来るようになります。

workshop - PICtoaster 0.2
>>関連リンク

FT232RL USB→シリアル変換モジュールキット「FT232RX」 | ストロベリー・リナックス通販
>>関連リンク

“"K-01977"”の検索結果 - 秋月電子通商
>>関連リンク=

間違えてADM232を4個も買ってしまったので、作りたい人が居たらお分けします。PIC12F683のファームウェアを書き込んだモノも必要ならば、用意できると思います。(面識のある人限定)

閲覧数: 2965 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト