2007年05月03日

PICデュアルライター @ 電子工作

img1

共立エレショップからパーツが到着し、パーツが揃ったので、PICデュアルライターを組み立てました。基板は当然エレキジャックの付録で付いていたモノです。

組み立てる過程で気付いたのですが、2.4kと10kの抵抗は誤差の少ないモノの方が良かったらしい。10kは金属皮膜があるのでそれを使い、と言うか10kのカーボン抵抗が共立エレショップにもなかったので、仕方なく手持ちの金属皮膜を使いました。2.4kは残念ながら手持ちの金属皮膜も無し、買っておけば良かったです。一応選別してみたのですが、同じロットのモノは大差なく、ほぼ均一で微妙に数値が外れてます。入手するまで組み立てを保留にしようかと思ったのですが、折角作り始めたので、一番近い数値のモノを使いました。

此所までパーツが沢山あるモノは余り組み立てることがないので、無計画に組み立てたらちょっと付けにくいところが出来てしまったり、半田ごてを長く当てすぎて一部を焦がしてしまいました。(^_^;) それから、最後の最後にICソケットを付けているときに、パターンの一部を剥がしてしまいました。(T_T) 書き込みを行うPICを付けるところはZIFソケットにしようかと思って、そこだけ開けておいたのですが、やはりそれまで待てないと思ってICソケットを付けることにしました。他のパーツを全て付けた状態で、あとから付けたため非常に半田が難しくなってしまい、一度付けたときに足が浮いてしまったので、少しはんだを溶かして押し込みました。その時に、溶けてない部分があったらしく、その部分のパターンが浮きました。(T_T) まぁなんとか繋がっているっぽいので大丈夫だと思いますが、確認が怖いです。確認は後ほど。

PICデュアルライター648版
>>関連リンク

閲覧数: 2046 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト