2006年04月26日

ウェブページを音で見る @ Mac

時間があれば試したい事のメモです。

ウェブアクセシビリティ絡みの事なのですが、lynxを使うとウェブページの内容を標準出力出来るので、それをそのままMacのsayコマンドに渡すとページ内容を喋ってくれます。

コマンドは
lynx -dump -nolist www.kantei.go.jp/foreign/index-e.html | say
こんな感じです。首相官邸の英語版ページです。

しかし、sayコマンドは日本語対応してないので、当然日本語のページはデタラメに喋るまでもなく「Speaking failed: -1」と成ったりします。これを何とかする方法で上手く行くかどうか分かりませんが、一つ案があります。それはkakasiです。

KAKASI - 漢字→かな(ローマ字)変換プログラム
>>関連リンク

こんな感じ。

lynx -dump -nolist www.kei3.com | kakasi -Ha -Ka -Ja -s -Ea -ka -i euc -o euc | say

しかし、これではローマ字に変換しただけなので、かなり具合悪いです。発音を日本語に近づけなければ、何を言っているか分からない所があります。

その他使えそうな物

ChaSen's Wiki - FrontPage
>>関連リンク

閲覧数: 2177 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト