2005年06月07日

Intelにスイッチ @ Mac

過去にも何度か噂としてMacにIntelのプロセッサーを採用すると言われてきましたが、遂に現実になるようです。

Mac OS Xのコアとなっている部分は随分前からIntel系のプロセッサーで動いたので、簡単に言えばその上に載っかる部分が動けば良いだけって事だから、当然スイッチは可能だとは思ってましたが、本当に成ってしまうとは驚きです。まだMac OS X 10.4 Tigerが発売されて間もない状況で、この様な大きな変革が発表されるのは、ちょっと受け入れがたい。

XBOX 360がPowerPCを採用する事でコスト面などでMacも多少恩恵を受ける事が出来るのかもなんて思っていただけに、ちょっと残念な展開です。それから、ソフトウェアの開発コストをデベロッパーに強いる事になるので、WindowsとMacの両方をリリースしてきた会社が付いてくるかという心配もあります。AdobeはMacromediaを買収した事で開発力を強化出来るのだろうから、両社で開発、販売してきたソフトウェアに関しては問題ないと思いますが、問題は中小のデベロッパーですよね。Macのソフトしか開発して無い所は付いていくしかないわけで、色々苦労しそうな気がします。

長い目で見るとWintel系のパーツがそのまま使える物も増えて、より低価格のマシンが手に入る事でユーザーも増えるのかな、なんて思いますけど、どうでしょうね。

ITmediaニュース:Intel乗り換えの動機はPowerPCの消費電力問題??ジョブズ氏が基調講演で説明
>>関連リンク

閲覧数: 1763 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト