2005年02月13日

最近のLDの動きは勉強に成ります @

最近話題のLDですが、社長自らテレビ番組に出て色々と説明をしてくれるので、非常に勉強に成ります。僅かとは言え自分もLDの株は持っているので、株主としての興味も有り、非常に展開が気になります。

社長がテレビで言っていた今後予想される展開の部分は非常に面白かったです。Nの株を多く保有する事で影響力を発揮出来。増資も出来るらしい。つまりはFがどんなに25%の株を保有していたとしても、結局は全体の株を増やしてしまう事をすると、25%を維持出来る可能性はない。増資した分はLDが保有する事に成るのだろうから、その影響力は更に大きくなる。結局Fは無駄な出費に終わってしまう。と言う事らしい。そう簡単に行くのか分かりませんが、理屈としては良く出来ている。これが穴熊ってことなのか。

FってISPもやっていたと思うんだけど、いつの間に止めちゃったのか?IT系の企業としてレンタルサーバーなどをやって残っているっぽいけど、完全にネットに関して尻込みしている形だよね。確か以前何処かでFの幹部がネットはテレビ局が手を出してもコストばかりがかさみメリットが少ないみたい事を言っていたけど、LDの社長から見ると結局は上手くやれなかったって事なんだよね。確かに日本のテレビ局はネットを生かしてない。韓国なんかの方が上手くやっている様な気がする。

証券会社に始まってネット銀行、Skypeを使った電話。そしてテレビ局。経済とか情報インフラをジワジワと押さえようとしているよね。確かにすべてが一つに集約する事でシナジー効果が生まれる事は事実。大化けするか、淘汰されるか、いずれにしても今後の展開が楽しみ。Fの社長の発言よりはLDの社長の言葉の方が株主の事を考えているように聞こえるので、LDには頑張ってもらいたいです。

閲覧数: 1651 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト