2007年09月14日

ADDT:Redirect to Pageを改造 @ Mac

img1 img2 img3

改造と言うほど大袈裟な物でもないのですが、Adobe Dreamweaver Developer Toolboxの小技です。

インサートトランザクションでもアップデートトランザクションでも良いのですが、エラーが起きた場合に、特定のページに飛ばしたい場合、ADDTを普通にメニューから呼び出しただけでは、トリガーのタイプが指定出来ないので、特定の状況に応じた対応が出来ません。

ユーザーログイン関連のサーバービヘイビアではエラーページへ飛ばすのは簡単なのですが、他のトランザクションではメニューから設定できないので、ソースコードを書き換えます。

「Redirect to Page」サーバービヘイビアを追加した場合、

$ins->registerTrigger("END", "Trigger_Redirect", 90);

この様な感じで終了時にトリガーが発生するタイプになってます。これを

$ins->registerTrigger("ERROR", "Trigger_Redirect", 90);

とすると、エラーが発生した場合に、リダイレクトが働くように出来ます。

通常だと、エラーを表示する関係上、リダイレクトせずにそのままエラー文をそのページに表示すればよいのですが、そうはいかない場合もあるので、その場合は、上記のように書き換えをすると良いです。

閲覧数: 2412 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト